失効について

小型船舶操縦士

失効手続きとは

有効期限が切れた操縦免許を再有効にする方法です。法定の講習を受講する必要があります。

失効講習: 約2時間30分

身体検査: 矯正視力で0.5以上


image

よくあるご質問

Q:テストや実技はありますか?

A:ご安心ください。テストも実技もありません。
座学のみで講義とDVDの上演、理解度チェックリストを使用して法令の確認等を行います。

Q:免許を紛失していますが、再交付できますか?

A:操縦免許を紛失している場合でも 他の公的身分証 (運転免許かパスポート)があれば発行可能です。

Q:20年前の操縦免許でも再交付できますか?

A:問題なく再交付できます。(「失効+訂正でのお申込みが必要です」)
住所の記載が無い 古い免許は「住所訂正の申請」を同時に行う 事が必要です。

お手続きの流れ

STEP1

講習の予約


日程表(全国版)からご選択ください。

講習は予約制です。お電話又は、 WEBフォームよりお申込ください。
お申込後、ご案内状をお届けいたします(メールまたは郵送:ご指定の方法)。

STEP2

ご案内状の確認


しばらくしますと、書類の種類等の詳細が記載されたご案内状(メールまたは郵送)が届きます。

記載されている内容に沿って
必要書類 ご利用料金のお支払をお願いいたします。

「+訂正」プラン:免許内容に変更ある方 「住民票」の提出でOK
「+紛失」プラン:紛失している方 「公的身分証のコピー」の提出でOK

※旧免許「住所記載が無い古い免許」の方は「本籍記載の住民票」が必要になります。

STEP3

失効講習の受講(約2時間30分)


講習会にご参加いただきます。

※当日は簡単な身体検査を行います(矯正視力で0.5以上で合格等)

STEP4

免許の受け取り


講習を受講してから約5-14日で新しい免許をお届けいたします。

※使用予定が有る場合には必ずご連絡ください
※新免許は記録付きの郵便でお届けいたします ※住所地以外(職場等)でも配送可能です。

-